ホルモン剤を用いた治療法は、特に性ホルモンを使うということが大きく注目を受けているんですね。その中でもよく使われるのは女性ホルモンを用いたものなのですが性ホルモンを使うホルモン剤での治療、というのは男性ホルモン剤のものもあるんですね。

■ホルモン剤が女性ホルモン剤の方が使われる理由
そもそも、なぜ女性ホルモン剤の方が男性ホルモン剤の治療に使われるかということなのですがまず男性ホルモン剤というのは投与することで体重が増加してしまうんですね。それは、男性ホルモンの働きとして水分や筋肉が増加しやすくなっているからなんですね。

体重増加だけならば、女性ホルモンも脂肪を溜め込みやすいという性質があって同様の効果があるのですが、それだけではなく肝臓の機能が低下してしまうことがあるんですね。そうなると、肝臓が司っている血液のコレステロール値や中性脂肪値まで増加してしまいやすい、という問題点があるんですね。

現在注目されているオエストロジェルやホルモン剤の補充量は女性ホルモン剤

そうなってくると、動脈硬化症などを促進させてしまったりすることもありますので、副作用の危険性が高い、ということもあって女性ホルモン剤に比べると治療に使われることが少なくなってきているのです。男性ホルモン剤は、昔はテストテロン駐車として更年期障害などの治療に用いられていたのですが、今ではほとんど治療用として使われることはなくなっていますね。

規準:オエストロジェルの個人輸入代行、販売・通販ならTOP http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/oestrogel.html

そして、内服薬のテストステロンという男性ホルモン剤は特別な適応以外には処方されることはないんですね。逆に、女性ホルモンのホルモン剤というのは男性ホルモン剤に比べると副作用も少なく、安全に使うことが出来るということでホルモン剤治療に用いられているのです。

■女性ホルモンの性ホルモン治療について
女性ホルモンは、男性ホルモンに比べて副作用の心配がほぼありませんし逆に非常に良い作用をたくさん持っている、というところが治療薬として非常に有用なんですね。長期間の継続した使用をすることが可能なので実際ホルモン補充療法を受けている人は、長寿になるなんて言うふうに言われているくらいなんですね。

しかも、それは迷信などではなく学術的な根拠がしっかりと細菌で解明されてきており、アンチエイジングや健康的に生きるために女性ホルモン剤を利用するようになってきているんですね。しかし、一方では男性は副作用の観点から男性ホルモン補充療法をするということが長期的に行うとデメリットの方が大きくなってしまいますので、ホルモン補充療法以外の手段でしかアンチエイジングをすることができないんです。

男女共に、ホルモンのバランスと言うのは違って当たり前ではあるのですがそれでもその影響というものがあらわれてしまいます。しかし、これはそもそもが女性は通常にしていると男性よりも女性のほうがホルモンバランスを崩しやすいというデメリットを抱えているからこそなのです。

更年期障害などは、特に女性の方が圧倒的にかかりやすくなってしまうということもあって、非常にその辺のバランスが危ういんですね。

■女性ホルモン剤の治療について
女性ホルモン剤は、女性特有の病気や症状などを治療するのにも使われています。特に、月経や妊娠に関する部分は女性ホルモンが大きく変化するということもあって、それを補助するのに女性ホルモン剤の補充療法が今非常に注目を受けているんですね。

意外と知らない女性も多いので、これを期に調べてみてはどうでしょうか。