性ホルモンを用いたホルモン剤は、特に女性ホルモンを用いたホルモン補充療法という物が今注目を受けていますね。しかも、治療はもちろんのことなのですがそれ以外でも様々なメリットがあるというのが女性ホルモン剤の利点なのでそれについてを解説していきましょう。

■卵胞ホルモンの働き
卵胞ホルモンは、エストロゲンという物質なのですがこれは女性ホルモンの中でも女性らしい体を作るということを目的にしているものです。ただし、この卵胞ホルモンによるエストロゲンの補充というのは成人女性で正常なホルモン値を持っている人であればあまり効果がないということもあります。

あくまでも、エストロゲンの補充は女性ホルモンが不足している女性を補助するための役割という感じなんですね。

■卵胞ホルモンによる女性への効果
ホルモン療法によるエストロゲンを補充するという治療法の効果の主な物が、バストアップです。エストロゲンは、女性の体の中でも乳腺の発達を促すという効果がありますので、バストアップ効果があるとされているんですね。さらに、皮膚をきめ細かくしたり髪の毛を細くしなやかで艶があるようにしてくれるという効果もあるんですね。

他にも、血中コレステロールを下げる効果もありますので体にもいいのです。

■加齢に対して効果がある
エストロゲンは、加齢によって減少してしまうのですが加齢によって起こるリスクの動脈硬化を遅らせるという効果もあるんですね。他にも、月経不順などもエストロゲンの補充によって月経を正常な周期に変化させるように持っていくということが出来るなどして、加齢による体の変化や異常というものに対して適応させる効果があるのがエストロゲンの特徴です。