女性ホルモン剤を用いたホルモン補充療法というのは、特に加齢を重ねた40代以上の年齢の女性はエストロゲンの値が減少してくるんですね。そして、エストロゲンの減少というのは体に様々な不調をきたしたりすることもありますので、エストロゲン補充はより健康的な加齢をしていくのに必要なんです。

■エストロゲン低下の影響について
エストロゲンの値が減少してくると、のぼせてしまったり発汗したり、あとは小さなことでイライラしてくるようなことや、肩こり、慢性的な頭痛などの症状が見られますね。こういった症状を総合して、更年期障害というのですがこの症状はエストロゲンの低下によって引き起こされる物なので、エストロゲンを補充してあげることで症状を改善することができるんですね。

■エストロゲン低下がおよぼすリスク
更に、更年期障害以外にもエストロゲンの低下というのは骨折しやすくなってしまうという骨の病気、骨粗相症などを引き起こすリスクが増えてしまうんですね。他にも、コレステロール値や、中性脂肪も増加してしまいやすく、高血圧や動脈硬化、脳梗塞と言った重篤な症状を引き起こしやすくなってしまったり、痴呆などもリスクが上がるということも懸念されているのです。

■エストロゲン補充が与える良さ
エストロゲンを補充するホルモン剤補充療法はこれらの悪影響や、重篤な影響を与えかねない病気などにかかってしまうリスクを下げるという効果があるんですね。特に、高血圧などは重い病気につながってしまうだけではなく体調が悪化しやすくなってしまったりすることもありますからね。

加齢によるそう言った影響を受けないようにするためにも、エストロゲン補充は重大な意義があるのです。