今、ホルモン剤を用いたホルモン補充療法と言うのは特に今ポピュラーになってきているのがエストロゲンを用いたものですね。しかし、エストロゲンというのはそれを使い続けていけばいいという物ではない、というところが難しいんです。

■エストロゲンは偏った補充はよくない
女性ホルモンのエストロゲンの補充を連用し続けていると、確かに更年期障害などの治療に効果はあるのですがそれによって子宮頸がんなどの発生リスクを上昇させてしまうという可能性があるんですね。そうなると、エストロゲン治療の副作用というのは危険があるのではないかということがやはり気になるでしょう。

しかし、それは反対になる黄体ホルモンを添加することによって月経を起こすことでしっかりと癌の発生確率を減少させることが出来るんです。

■双方バランスをとって摂取していく
反対の作用を持つ応対ホルモン、いわばプロゲステロンというエストロゲンともう一つの女性ホルモンを司る物なのですが、これを使ったらエストロゲンの治療効果も相殺されてしまうのではないかという心配をする人もいるでしょうね。しかし、プロゲステロンを使ったからと言ってエストロゲンが減少するわけではないので、エストロゲンの治療効果はちゃんと継続されるんですね。

■バランスを保つことの意味
そもそも、女性ホルモンというのはエストロゲンもプロゲステロンも双方バランスを取れているような状態にすることが正常な体の条件ですからね。なので、治療に必要だからといってエストロゲンだけを集中的に取り続ければいい、というものではないんですね。

実際、子宮頸がんにはプロゲステロンも補充していた方がかかってしまうリスクが下がっているデータがあります。