昨今では、更年期障害という加齢による女性の起こす症状があるのですがその治療のために、女性ホルモン剤を投与するホルモン補充療法が注目されていますね。実際、ホルモン補充療法は更年期障害の症状が出てから治療を始めることが多いのですがそれ以前に始めることも効果があります。

■エストロゲン補充のホルモン剤のタイミング
更年期障害の症状が出始めてから、エストロゲンの補充をホルモン剤で行っても効果があるのですが、例えば月経不順になってきてしまった段階でホルモン剤を補充することによって十分な効果を与えることが出来るんです。その際には血液中のエストロゲン量を測定してから、値が下がっているということがわかれば性ホルモン療法をすでに開始する事ができるんですね。

■早めに始めることの利点について
早くホルモン補充療法を始める、ということは非常に有用で治療の遅れで引き起こされてしまうような、重症の更年期障害に対して未然にそれを防止することが出来るんですね。そうすることによって、加齢をしたとしてもしっかりと健康的な生活を送ることが出来るようになるということに繋がるわけですね。

更年期障害を未然に防止することは、更年期障害の辛い症状を味合わなくて済むことなのでそれだけでも非常に有用でしょう。

■治療期間について
更年期障害の治療は、およそ15年間から20年近くかかりその間継続的に性ホルモン補充療法を行う、というようなやり方が基本になっていますね。加齢によるエストロゲン低下、というのは特に閉経後から急速に始まってしまいますので、それを緩やかにするためにも長い間かけて緩やかにしていく、ということが一番効果が確実だということなのです。